北の海へとはせたロマンが、この酒の原点



<高田屋嘉兵衛像>
 
 寛政八年(1796年)、鯨の群が汐を吹く初夏の箱館湾に、巨大な
北前船を駆って入港した男。その名は高田屋嘉兵衛。彼は箱館を
経営活動の本拠地とし、北方航路の開発、北海道、千島の漁場開拓
などの事業に進出。しかも、その事業であげた莫大な利益を、港湾・
道路整備、地場産業の育成など、さまざまな形で社会に還元するという、
近代的経営を実践しながら、事業家としての地位を確立していきました。
 かつて蝦夷地の一寒村にすぎなかった箱館は、こうして北方の一大
都市として発展していくのです。

 後に、当時緊迫していた日露間の紛争に巻き込まれた嘉兵衛は、遠く
厳寒のカムチャッカに幽閉されました。しかし、一民間人でありながら
その身を挺して紛争を解決に導き、日露外交史に大いなる一歩を残して
いることから伺えるように、嘉兵衛は豊かな国際感覚の持ち主でもあり
ました。
 北の海に大いなるロマンを追い求め、波瀾の人生を帆走し続けた一人
の男・高田屋嘉兵衛が、その命を全うする場所に選んだのは郷里・淡路島
でした。嘉兵衛はそこで、菜の花畑一面の黄色い花を見つめながら、
北方の情勢を案じていたといわれています。
 「一面に広がる菜の花畑と、その向こうにたゆとう穏やかな春の海」嘉兵衛が愛したこの風景を封じ込めた酒を
つくりたいそんな私たちの夢が、ついに現実のものとなりました。作家・司馬遼太郎先生が、嘉兵衛の生涯を描いた
作品「菜の花の沖」を酒名としていただき、名酒蔵元・菊の司酒造の協力を得て、北方へと馳せた嘉兵衛の想いが、
いまここに蘇ったのです。
 北前船とは、近畿地方から塩、灘の酒、着物などの生活物資を、蝦夷地へ
運んでは、昆布、鮭、鰊などの海産物を持ち帰るという、日本海を舞台に
活躍していた交易船でした。なかでも清酒は重要なものであり、水田も
酒造技術も持たなかった当時の蝦夷地においては、特に貴重なものだった
といわれています。
 嘉兵衛もまた、北前船での長い航海で日本酒が劣化しないよう、常に
心を砕いたことでしょう。高田屋の荷は日本全国検品なしで取り引き
されたというほど、厳正な品質管理を実践していた嘉兵衛。
彼は、日本酒の酒質においても相当な眼力をもっていたに違いありません。

 この酒を、嘉兵衛の眼鏡にかなう名酒に育て上げることが、函館発展
の礎を築いた人物への恩返しとなることを信じて、今、「菜の花の沖」
大海原へと漕ぎはじめました。
 まだまだ発展途上の酒ではございますが、嘉兵衛の想いとともにお楽しみ
いただければ幸いです。
辰越丸
<北前船>

菜の花の沖

吟醸 菜の花の沖

1.8L
3,880円(消費税込み)
720ml
2,040円(消費税込み)

精米歩合:
真精米歩合/50パーセント
アルコール分:
15度以上16度未満
原材料名:
米・米麹・醸造用アルコール
酒質:
香り高く淡麗やや味のある辛口
楽しみ方:
8〜12度に冷やしてどうぞ
燗はぬる燗で

※未成年者の飲酒は法律で禁じられています。
20歳未満の方のご購入はお断りいたします。

商品のご注文




戻る