「FMいるか」は、日本に初めて誕生した市町村単位をエリアとする地域コミュニティ放送局です。
函館山のふもとに建てられたビルの三階から、大海を泳ぎまわる「いるか」のように、
自由な発想で心からのメッセージを送り続けています。
 
 街の中では、移動中継車「いるか号」がすみずみまで泳ぎ回り、生の情報をリアルタイムで
発信しています。
 
 概要
正式名称「はこだてエフエム」
コールサイン JOZZ1AA−FM
ニックネーム「FMいるか」
周波数80.7MHz
出力20W
受信範囲 函館市・北斗市・七飯町
(エリア内人口 約360,000人
 エリア内世帯数 約177,000世帯)
スタジオ 北海道函館市元町18−11
『FMいるか』
 FMいるか外観
 
 
 全国初の地域コミュニティ放送局として函館に登場。標高370m(東京タワーよりも高位置)の
函館山ロープウェイ山頂展望台のアンテナから、函館市及び近郊1市1町の36万人・17万7千世帯へ発信。
 
 放送時間は24時間で、平日は朝7時から午後10時、土日は朝9時30分から午後7時まで自社制作の
番組を放送している。地域の情報である函館の天気概況全般・道路・交通機関・イベント催事・観光・
夜景状況などを定期的、かつタイムリーに織り込みながら、音楽を効果的に流している。
 
 また、移動中継車「いるか号」を常時巡回させ、地域住民とのコミュニケーションを図る一方、
事件・事故・非常時に備える。

 >>>詳しくはこちらをご覧下さい


HomePage