観光(13 件)
上のカテゴリへ地図表示
買い物 (3)
見学 (7)
景色 (3)
並び替え|タイトル|日時|ヒット数 |現在の並び: ヒット数 (高→低)
11 - 13 件目 ( 13 件中)    1 2
聖ヨハネ教会 高ヒット
聖ヨハネ教会
2010-8-9 11:48
 明治7年(1874)、イギリスの宣教師デニングが北海道に伝道のため来函したのが始まり。4年後に教会ができましたが、火災で類焼し、大正年間現在地に移りました。現在の建物は、昭和54年に改築したものです。 英国プロテスタントの教会で東京聖路加病院や立教大学なども、この教会の系統です。函館においても明治年間に、女学校やアイヌ学校、病院を建てるなど、教育や福祉活動に大きな業績を残しています。ハリストス正教会の東隣に位置しています。
電話番号0138-23-5584
住所北海道函館市元町3-23
カトリック元町教会 高ヒット
カトリック元町教会
2010-8-9 11:45
 安政6年(1859)にフランスの宣教師メルメ・デ・カションが来箱、仮聖堂を建てたのが始まりです。たびたび火災で焼失し、現在の建物は大正13年(1924)に建てられたもので、ゴシック様式のローマカトリック教会です。  祭壇はローマ法皇ベネディクト15世より贈られた、日本でただ一つの珍しいものです。聖堂の裏には大きめの洞窟があり、上に高さ1.5mくらいの聖母マリアが飾られており、「ルルドの洞窟」と呼ばれています。ハリストス正教会の向かいにあります。
電話番号0138-22-6877
住所北海道函館市元町15-30
外人墓地 高ヒット
外人墓地
2010-8-9 13:04
 市営バス「高龍寺前」から徒歩2分。函館湾の入口を見下ろす高台にあります。嘉永7年(1854)、ペリー艦隊来航のときに亡くなった2人の水兵の埋葬場所として提供したのがここでした。  明治3年(1870)、在函5ヵ国の領事からの要望で正式に外国人墓地として定められ、道をはさんで山側がロシア人墓地となっています。海側のプロテスタント墓地にはイギリス、ドイツ、アメリカ、イタリア人などの墓地があり、安政6年(1859)の開港から明治にかけて、国際港として一翼を担った函館の華やかな側面を物語っています。ロシア人墓地の向かい、レンガ塀...
住所北海道 函館市船見町23
11 - 13 件目 ( 13 件中)    1 2
GNavi   (based on MyAlbum-P)