イベント情報 道の駅あっさぶ 宿泊施設情報 特産品紹介・販売
 

宿泊施設情報
旅の疲れを癒す温泉宿や、旅館の紹介です。
厚沢部町にお泊りの際にはぜひ下記でご紹介する宿をご利用ください。


うずら温泉
うずら温泉  畑の中に立つヨーロピアン調の外見がひときわ目を引く
デザインの温泉です。もともとは農業活性化センターの
宿泊研修施設として建てられたものです。
サウナやジャグジーも完備しておりそれらは厚沢部近隣で採れる
ヒノキアスナロ(ヒバ)を使った総ヒバ造り。
 周りを緑と森林に囲まれたこの温泉、6月の中旬頃には周辺の
畑で栽培される厚沢部原産のじゃがいも、メークインの薄紫の花が
咲き乱れ見る人の心を和ませてくれます。


泉質 アルカリ単純泉『神経痛,筋肉痛,関節痛、打ち身、慢性消化器病』
宿泊料金 2人部屋[洋室:全16室]
 1名様利用 一般 4,700円(税別)
 2名様利用 一般 4,200円(税別)
     小学生以下2,000円(税別)
4人部屋[和室:全2室]
 1名様利用 一般 4,700円(税別)
 2名様利用 一般 4,200円(税別)
     小学生以下2,000円(税別)
3名様以上 一般 4,000円(税別)
    小学生以下1,800円(税別)
*15名以上でのご利用には団体料金の設定あり
入浴料 大人(中学生以上)400円/子供(小学生)200円
住所 北海道檜山郡厚沢部町鶉町853番地
電話番号 0139-65-6366
FAX 0139-65-6369
アクセス方法 鶉温泉入口バス停より徒歩20分(函館より車で1時間)



◆俄虫温泉旅館
俄虫温泉  『カムイウシ』、「熊が多い」言う意味のアイヌ語が名前の由来の
俄虫温泉。厚沢部川の支流沿いにある山に囲われた旅館です。
温泉は露天風呂に始まり、ジャグジーや家族風呂まであり、
広々とした休憩所が実に爽快です。
 旅館の回りも施設がいろいろありテニスコート、町民プール、
ゲートボール場、スキー場、桜の樹が約200本植えられている
町営老人福祉センターなどがあります。
春にはこの桜を見に大勢の観光客、地元住民らでにぎわいます


泉質 緩和性低張徴泉『リウマチ性疾患・運動機能障害・神経炎、神経麻痺など』
宿泊料金 1人1泊2食付 7,875円(税込)〜
*小学生は一般料金の70%
部屋数:1階2室、2階11室(定員60人)
入浴料 大人(中学生以上)400円/子供(小学生)200円
3歳以上小学生未満 100円
住所 北海道檜山郡厚沢部町字上里92
電話番号 0139-67-2211
FAX 0139-67-2213
アクセス方法 厚沢部バス停より徒歩20分(函館より車で1時間)




◆森藤旅館
自然に囲まれたのどかな町で四季折々の
美しい山や川を楽しむことができます。
家庭的な雰囲気ですから、お仕事の方もぜひご利用ください。

宿泊料金 1泊2食 5,775円(税込)
住所 北海道檜山郡厚沢部町本町21
電話番号 0139-64-3006
FAX 0139-64-3776
アクセス方法 厚沢部バス停より徒歩1分(函館より車で1時間)